銀行ATMの使い方

1. ATMにカードを入れます。(機械によっては、クレジットカードを挿入してすぐ引き出すと、カード情報を読み込んでくれるタイプのものもあります。)
2. PIN(暗証番号)を押し、enterを押します。
3. 取引タイプ、withdrawal(引き出し)を選びます。
4. 口座タイプは、銀行口座から引き落としの場合はCheckingを、クレジットカードからのキャッシングはCreditを選びます。
5. お引き出し金額を押します。引き落としは最低20ドルから、20ドル単位でできます。($20, $40 … $100というように)
6. 現金とレシートを受け取ります。
7. 他に取引をしない場合はNoを押します。
8. カードを受け取ります。(忘れずに)

ATMの種類によっては1回の引き落としにつき、可能な引き出し限度額が異なります。またそれぞれのカードには、1日あたりの引き落とし限度額が設定されていますのであらかじめご確認ください。他行の引き落としを行う場合は、所定の手数料がチャージされます。手数料はカードによりその額が異なります。

 

公衆電話の使い方

アラモアナセンターではいたるところに公衆電話が設置されています。島内の通話は1回につき50セントで、通話時間の制限はありません。25セント、10セント、そして5セントの各コインが使えます。各コインにつきましては、小銭の使い方をご参照ください。

ダイアルの仕方
オアフ島内:XXX-XXXX
  相手先の7桁の電話番号を押します。

他島へ:1-808-XXX-XXXX
  相手先の電話番号の前に、1808を押し、デポジット料金をいれます。

日本への国際電話:011-81-市外局番(最初の0は外す)-XXXX-XXXX  日本の相手先の電話番号の前に、011-81 を押し、市外局番から0を除いた番号を押して(東京の場合は3)、相手の電話番号を押します。クレジットカードで支払いのできるタイプの公衆電話が便利でしょう。

プレペイド式のテレフォンカードはゲストサービスを始め、モールレベル2Fのロングスドラッグやストリートレベル1FのABCストアやフードランドなどでも購入できます。

 

小銭の使い方

アメリカで日常的によく使われるコインは、ペニー(1セント)、ニッケル(5セント)、ダイム(10セント)、そしてクォーター(25セント)です。 クォーターは最も大きく、ダイムはもっとも小さい銀色のコインです。ニッケルは回りにギザギザのない銀色のコインで、ペニーが唯一茶色のコインです。

25セント
クオーター(Quarter)
10セント
ダイム(Dime)
5セント
ニッケル(Nickel)
1セント
ペニー(Penny)

クォーターはローカルにとってはなくてはならないコインです。コインランドリーから新聞のスタンドまで、クォーターの使用頻度は非常に高いと言えます。そこでローカル式の小銭の使い方をお教えしましょう。
例えば、5ドル78セントの料金に6ドルと3セント(ペニーを3つ)で支払えば、25セントひとつがお釣りとして戻ってきます。

 

 

 

 

eVIPクラブ

eVIPクラブの登録はこちらから。
アラモアナセンターから最新情報をお届けいたします。